ED治療には女性の協力が不可欠である

もしも、あなたの彼氏や旦那などのパートナーがEDになったら、あなたはどうしますか。
やっぱりパートナーへ協力する気持ちをどれだけ持つかも大切です。

ED治療にまず親身になること

モテ女で一晩限りの男性がEDになっても気にしないかもしれません。しかし、パートナーであれば、やっぱり親身になるはずです。

まず、男性がEDになったら、誰でもかなり落ち込みます。女性を気持ちよくさせられないばかりでなく、男性としての自信をなくすこともあります。
ときには、それが原因で関係がギクシャクして、別れるなんてケースもあります。

そんなことにならないためにも、また男性を支えるためにも、親身になることが大切です。

ED治療薬を効果的にとるためにすること

EDの治療では、薬を利用します。その場合、ED治療薬の飲み方を気を付けないといけません。

というのもよくED治療で聞かれるバイアグラでは、セックスをする前の3時間前までに飲まないといけません。他のシアリスなどでは、1時間前などと時間に幅があります。

ところがその薬を飲んでも食事をとると、その影響が出てしまうことがあります。効果が薄れたりするのです。

彼氏や旦那に食事を作る女性も多いでしょう。ED治療薬を飲むときには私欲時のタイミングやまた、メニューも考えないといけません。それは女性に左右されてるものです。
これをみると、女性もED治療薬の特徴を知っておかないと、なかなか効果を出すことはできないかもしれません。

まずはセックスをチャレンジしてみる

EDになってしまうと、男性も女性もまずは、セックスにチャレンジします。そのうち勃起するのではと考えて
やっていきます。
しかし、それでも勃起しないと、お互いに難儀になってしまい、そのうちにセックスレスになるなんてこともあります。

そうなるといつまでも、EDは治ることはありません。
また、セックスをしないと性的な刺激を感じにくくなり、ますます、勃起しにくくなってしまうこともあります。

たとえ、勃起をしなくてもまずは、セックスをしてみることは大切です。それをED治療薬を飲んで、続けていくことです。
そのときには、女性がフェラチオや全身リップをしたり、ときにはコスプレをしたり、場所を変えるなどしてみましょう。
そうやって、常に男性に性的な刺激を与え続けることが必要です。そうすることで、セックスレスになることも防げるでしょう。

こうしてみると、ED治療は男性が薬を飲むだけでなく、女性の協力が必要なことがわかるでしょう。
女性次第で治る早さも変わってくるでしょう。