女性のED男性への接し方のコツとは!

男性にとって、生理という言葉は聞いたことがあっても、詳しくしらない男性がほとんどでしょう。
似たようなこととして、女性もEDとは聞いたことがあっても、実はよくわからない、知らないなんて女性がほとんどでしょう。

勃起の仕組みとは

そもそもEDとはどんな症状のことでしょうか。
以前はインポテンツ何て言われていました。昔から男性の性器に関する悩みとしてありました。大勢の男性が悩んでいます。

一口に言うと男性器が勃起しないことです。
簡単に勃起の仕組みをいうと、女性の裸やエッチをしようとすると、性的な興奮が起こります。それにより神経物質が、男性器へ伝わります。すると男性器の海綿体と呼ばれる組織の血管が拡張、つまりは広がります。
すると血液がたくさん血管を伝わって海綿体に流れ込みます。その結果、海綿体が膨張して、勃起へとなるのです。

勃起をしたあと、エッチをしてそれが終わると、今度は勃起を抑える物質が伝わります。すると血管が縮まり、海綿体の膨張もおさまり、その結果もとの大きさへと戻るのです。

EDの仕組みとは

EDは、この勃起が正常にできなくなることです。
通常は勃起してから、そのあとエッチが終われば性的な興奮や刺激もなくなり、その結果勃起を抑える物質が出ます。勃起阻害物質とも言われます。

これが出てくるのも、正常なことです。ところがこれが勃起する前からたくさん出てしまい、それにより勃起ができなくなるのです。

バイアグラのようなED治療薬は、このような勃起阻害物質を無くすことで、勃起ができるようになるという仕組みなのです。

男性がもしもEDになったら普段通りに接しよう

男性にとって、勃起できることは当たり前のことで、さらに女性を悦ばせられることで、自信やプライドを保っています。
大袈裟のようですが、男性がEDになると自信も無くしたり、自己嫌悪になる男性も結構多いです。

彼女や奥さんに冷たくあたったり、ひねくれたり何てことも珍しくはありません。
これも女性を悦ばせられないことで落ち込んだ結果からです。

それがもとで、女性との関係でギクシャクすることもでてくるのです。そうなると、ひどくなると別れになるなんてこともありえます。
そうならないためにも、まずは落ち込んだ男性を精神面で支えてあげましょう。

普段通りに接するようにしましょう。会話や振る舞いを、患者を扱うように無理して変えることは必要ないでしょう。
つい自分のせいかしらなんて考えるとマイナス効果です。そう考えるのはまず止めましょう。

治療を始めるきっかけを作ろう

普段の生活では、あまりED野子とも話題にもせずに、会話やデートなど生活を楽しみましょう。一緒の時間を増やすでもいいでしょう。

とはいえ治療はしなければなりません。そこで男性と一緒に病院や、クリニックへ行くなどしましょう。
一人で男性が行きたいといえば、それでもいいのです。
まずは、男性が病院やクリニックへ行くように促しましょう。

病院やクリニックへ行くメリットは、EDかはっきりしますし、まずは処方されるか確認できることです。
もしかすると他の病気が原因なんてこともあります。
あと、他の病気の薬を飲んでいたら併用してもいいのか、医者の判断も必要になります。下手すると併用をして、副作用で大変になるかもしれないからです。
病院やクリニックへ行かせて、処方されればそれ以降もED治療薬を使ってもいいとなるので、ひとまず治療に専念できるでしょう。

専念できるように、治療するように決心させることも女性のサポートとなるでしょう。つい男性だと、そのうち治るなんて楽観視することもありますから、女性から受診を勧めましょう。

薬を飲むサポートをしよう

いざ、ED治療薬をのみ始めると気になるのは、エッチをする時間や食事となります。
ED治療薬の効果も4~48時間と薬によってまちまちです。ですので、男性が勝手に飲んでも、女性とのエッチのタイミングが合わないと、無駄になることもあります。

薬を飲んで何時間後にエッチをするかも、女性から相談したりしましょう。

あと、食事の影響もED治療薬によって受けます。満腹だと聞きにくいなんて場合もあるからです。
食事は女性が作ることも多いでしょう。先のエッチのタイミングとあわせて、食事のタイミングも男性と一緒に考えましょう。
エッチから逆算して、食事のタイミングも考えてあげましょう。

あと、食事のメニューもED治療薬を飲むときにはさっぱりしたものにするなど工夫をしたあげましょう。

女性も気にしすぎないこと

つい男性がEDだからと、接し方も気をつかいすぎると、余計に男性もプレッシャーや気まずさを感じます。
EDになっても治りますから、気にしすぎないようにしましょう。それで男性もより前向きに治療が進められるようになるでしょう。